脱毛は、自己処理にしてもエステや美容外科でやってもらうにしてもとりあえず、処理が終わるまでは心にモヤモヤがかかったような気分になってしまいます。脱毛をさぼっていると、例えるならば、お風呂に入らなければいけないのにお風呂に入らなかったという気分になってしまいます。美容院に行くことを数ヶ月もサボっているかのような感覚にも、少しですが、似ていますよね。少し太ってきたのに、相変わらずダイエットもサボっているかのような感じにも似ています。

脱毛のお手入れをさぼってしまっていることで、こういった心苦しさのような、心にわだかまりというか、心にしこりを感じてしまうのは、女性なら誰でも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。脱毛のお手入れを怠っていることで生じるこういった心のテンションというのは、女性だからこそ、自覚してしまう感情です。女性である以上は、ムダ毛の脱毛のお手入れをするのは、最低限の身だしなみというふうにどこかで自覚しているからこそなのでしょう。

お手入れを怠っていた時期が続いたあとに、気合いを入れて、忙しい合間をぬって時間を脱毛のためだけに作り、脱毛をしたあとの晴れやかな気持ちは清々しいものです。ムダ毛の処理をしたあとというのは、宿便が解決されたかのような感覚にも似ています。さぼっていたダイエットを再開し、余分な体脂肪が落ちた感覚にも似ています。たまっていた家事を片付けた感覚にも似ています。

脱毛のお手入れに関して、こういった感情の起伏が起きるということは、それだけ女性にとって脱毛は女性の義務というか女性の仕事であるというふうに、女には無意識
にインプットされているような気がします。男は、視覚から判断する視覚で興奮するということが、生まれながらに組み込まれているように、女性もそこを無意識で自覚しているからこそ、脱毛は女性の最低限の身だしなみで、女性の義務的な仕事であるというふうに、女には脱毛の処理に関して組み込まれている気がします。

脱毛を皮膚科でお探しなら

  • Posted on 2. 3月 2014
  • Written by tomo
  • Categories: 美容系
Leave a comment